わかってるようで…「第一印象」の大切さ

_mgs3758

飲食店の撮影の仕事が、繁忙期を迎えてもう1ヶ月。

年末に向けて、★クリスマス ★忘年会 ★女子会 ★鍋フェアー等々、さまざまな切り口での撮影の
依頼をいただきます。クライアントさんはいろいろな企画での撮影、宣伝PRをお考えです。

飲食店さんの「写真」とはつまり「お店の第一印象」。お客さんは特にネットや雑誌でその第一印象に興味を持ち、情報を集め、来店する。その第一歩が「写真」です。

私のようなPRやマーケティング、セールスを繰り返す「営業畑」の人間にとって「第一印象」って大切なのは、いわずもがなです。

飲食店の場合、「お洒落で 美味しそう プレミアムな空間」という画像でお客さんの興味を引き、無事来店いただいた後、その印象にふさわしい、それ以上のものを提供できれば商売繁盛ですね。

個人の場合は、第一印象からはじまって、会話や商談、時間を共有した後に「やっぱりこの人、印象ど通りいい人だ!」となれば、親しい関係が続きます。

_mgs3758逆のパターンもありますね。

「美味しそうにみえたけど、美味しくなかった…写真よりもボリュームが無かった…残念><」なんて事、ありますよね?

異性にアピールしたり、人と仲良くなったり、ビジネスで展開を望むのであれば、まずは第一印象。

その上で、誠実な対応を繰り返すことで信頼を得られます。

第一印象が悪ければ「美味しい料理」も「誠実な心」も、感じてもらうことが出来ません。

最近、撮影のお仕事をより掘り下げることで、飲食店や商業施設だけでなく【個人=パーソナル】な第一印象についても興味を強く持ち始めました。

自分も第一印象に気をつけることで、いろいろな変化が、内面やもちろん外面に現れた経験があります。

半世紀近く「セールスパーソン」として活動をしてきたその中での、いろんな成功事例、失敗事例を【インプレッション(印象)】を中心にしてお伝えしていければ、と思います。

関連記事

  1. _mgs3740 インプレッション(印象)・スタイリング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. _mgs3740
  2. _mgs3758
  3. 下鴨茶寮 銀座店さま
  4. ブログ記事3s
  5. ブログ記事2
PAGE TOP